学会誌投稿について

学会誌原稿投稿要領


1.	学会誌に掲載する原稿は,招待原稿,投稿原稿とする.

2.	原稿の採否は編集委員会が決定する.

3. 	投稿原稿として投稿を募集する原稿は,以下の3種類とする.
	1) 原著論文
    該当する専門分野の水準に照らして,原著論文として認められるもの.誤りがなく,未発表の内容に限る.
    流域圏に少しでも関係するものであれば,どのような研究領域の論文でも構わないが,本学会誌は高校生でも
    読めるものを目指しているので,専門用語には必ずわかりやすい解説をつけること.編集委員会は専門家または
    それに準ずる方に査読を依頼し,査読の結果によっては掲載不適と判定することがある.
	2) 研究ノート,調査資料,記録
    研究ノートとは,論文の短いものや,研究スタート段階での速報的レポートなど.調査資料とは,流域圏に関して
    積み重ねられた知識などをまとめた資料.例えば,歴史研究,自然観察記録,自然・歴史・社会などの調査報告,
    資料として未来に残したい情報など.小中学生,高校生からのクラブ活動や自由研究の紹介も歓迎する.記録とは,
    講演会,シンポジウムなどの記録.査読は原則として行わない.
	3) 流域いろいろ
    研究に限らず,流域への想い・エッセイ,イベント情報など,流域のみなさんに知ってほしいこと・お伝えしたい
    ことなど.査読は行わない.

4.	掲載された原稿の著作権,
    版権は学会に帰属する.このため、著作権の移転について共著者が存在する場合は共著者の了解を取り付けた後、
    投稿整理票に署名捺印する.なお学会誌に採用されなかった場合は著作権の移転は無効となる。 著者が自由に改
    変して利用できるものとするが、その場合参考文献に明記する.

    なお、学会誌掲載後半年程度でWeb公開する.

5.	写真のカラー印刷については、できるだけ読者の理解を助けるべく可能な限りそのまま掲載するが、印刷経費の都合上
   モノクローム印刷にすることがある。この最終決定は編集委員会でおこなう.

6.	投稿希望者は,Webより投稿要領、投稿の手引き、投稿整理票および原稿テンプレーをダウンロードして原稿を作成
   する.完成した原稿は,投稿整理票に必要事項を記入の上,原稿とともにメールまたは郵送で編集委員長宛に送付す
   ること.

7.	投稿募集の締切り日は,募集の都度,会員に通知されるので,厳守のこと.

8.	送り先,問い合わせ先

編集委員長 森山聡之
〒811-02952 福岡市東区和白東3−30−1 社会環境学部社会環境学科
tel: 092-606-6449 e-mail: t-moriyama@fit.ac.jp
web URL : http://www.shiranuikuma.org/

学会誌の形式統一について


・ ファイルについて


➢ Adobe InDesignまたはMS WORD によるファイルが望ましい.
➢ 圧縮方法はZIPまたはgzipにする。
➢ 圧縮済ファイルでも5MBを越える場合は、ファイル転送サービス等をご利用すること。
➢ 圧縮ファイル名は、第一著者名-(半角ハイフォン)タイトル-20150107のようにする

・ サブタイトルの表記の統一


➢ タイトルと「─」でつなぐこととし、「〜」は使わない。

・ 著者の所属の表記


➢ 大学名と学科名との間にはスペースを1字入れる。
➢ 括弧で囲う。なお括弧は全角に統一。
➢ 職位は掲載しない。第一著者の連絡先とe-mailアドレスを記入。e-mailアドレスが無い場合のみFAX番号を入れる。

・ 見出しの表記


➢ 章,節,それ以下の小見出しの表記統一 章はローマ数字(Ⅰ,Ⅱ,・・・,),節は1.,2.,・・・・,それ以下の階層は(1),(2),・・・,とする。
➢ 論文冒頭,著者名の下の章見出しの提示について,複数行にわたる場合は,2行目以降を1行目3文字目=章の名前の始まり に揃える。

・ 要約


➢ 和文200〜400字程度を所属の次に記載する

・ キーワード


➢ 3〜5つ程度の和文キーワードを記載する

・ 図表について


➢ 本来は、罫線や表中の文字等の表体裁をそろえるため、原則として編集委員会で表を編集するが、図については体裁編集なし。著者の原図を縮小するにとどめる。
図表の注表記は、( )で囲まず、そのままとする。図や写真は出来るだけ鮮明なものを送る。写真はWORD内に貼付けたもの以外に縮小版でない原図(オリジナル)をファイルで送る。

・ 本文について


➢ 数字、ローマ字は原則として半角に統一.
➢ 年の表示では西暦を原則とし、元号が必要な場合は2007(平成19)年の形で併記する。
➢ 句点、読点は「、。」ではなく「,.」を用いる。

・ 文献の表記


➢ 「引用文献」「参考文献」のいずれも使用せず、「文 献」とする。
➢ 文献は、右肩に例えば1)のように示し、末尾では本文中に出てくる順に並べる
➢ 個別文献における書肆情報の順番および体裁 著者名、年号、題名、雑誌名、巻号、ページをコンマで区切って並べる。ただし巻号とページの間はコロンとする。括弧は使用しない。
➢ 番号は(1)に統一
➢ Webを引用した場合は、URL, タイトル、参照年月日を記入し、問い合わせがあった時に備えてコピーを保存しておくこと。

以上