平成23年度総会・研究発表会・現地見学会のお知らせ

≪不知火海・球磨川流域圏学会平成23年度総会≫

■日時:平成23年6月11日(土) 12時30分開始
■場所: やつしろハーモニーホール 第3F中会議室
(八代市新町5-20 、電話0965-54-0033)
※会員には出欠ハガキを郵送していますので、6月5日まで(必着)出欠をお知らせ下さい。
《不知火海・球磨川流域圏学会平成23年度研究発表会》

■日時:平成23年6月11日(土) 14:00
■場所: やつしろハーモニーホール3F大会議室AB
    (八代市新町5-20 、電話0965-54-0033)
■参加費:会員500円、一般1000円

■内容: 
13:00 受付
14:00 開会
14:05 基調講演 「八代の干拓の歴史」
          戸田市治氏 (八代市文化財保護委員長) 
15:00 研究発表  
    1)河川環境がヌマエビ類に及ぼす影響 
      田畑清霧(東稜高校教諭)及び県立八代高等学校生物研究部
    2)荒瀬ダムに関する資料分析 溝口隼平(東京大学愛知演習林農学共同研究員)
    3)球磨川河口干潟の底生生物生物の特性
      つる詳子(自然観察指導員熊本県連絡会副会長)
    4)宮崎の海岸林と砂丘と砂浜
      林裕美子(ひむかの砂浜復元ネットワーク代表)
    5)アマモ苗の移植機の開発について   大和田紘一(東京大学名誉教授)
    6)麦島勝氏の写真に見る八代の自然・歴史 石原 浩(八代市立博物館学芸員)

17:00 閉会

≪ポスター発表≫
■特別展示「麦島勝氏の写真に見る八代の自然・歴史」
■写真発表「球磨川今昔」■八代海におけるChattonella antiqua赤潮発生とそれに関係する環境条件■八代海におけるピコ植物プランクトンの植物プランクトン群集への寄与■Capitella sp.Iと微生物による魚類養殖場の有機汚泥浄化作用の解明■干潟の微生物群集と有機態リン分解酵素活性の関係解析■干潟の微生物群集と有機態リン分解酵素活性の関係解析■その他

■問合せ:学会事務局 電話0964-26-2003(佐藤伸二方)
           E-mail turu@shiranuikuma.org
≪現地見学会≫ ■内容:荒瀬ダムから球磨川河口干潟まで (干潟観察とアナジャコ捕り体験、荒瀬ダム・瀬戸石ダム見学) ■日時:平成23年6月12日(日)  ■集合場所:やつしろハーモニーホール駐車場 ■コース:午前10時出発→球磨川河口干潟観察(アナジャコ捕り) _____→坂本町で昼食→荒瀬ダム→瀬戸石ダム→八代市内(解散) ■注意:干潟に入れる服装・靴(長靴)を準備下さい。 ■申込み:会員さんは出欠ハガキにてお知らせ下さい。会員以外も参加可能です。下記までお問い合わせください。  TEL/FAX0965-32-7140、E-mail:turu@shiranuikuma.org